児童書・絵本

ホーム >児童書・絵本 >信州むかし語り1 妖怪変化の話

信州むかし語り1 妖怪変化の話



親から子へ、子から孫へと 大切に語り継いでいきたい、信州のむかしむかしの話。 もののけたちが繰り広げる全40話を収録。
■信州むかし語りとは
それぞれの巻が「うつわ」であるとするならば、民話やその大胆な再話はもちろん、信州の土壌から生まれたドキュメントや創作をももられる、これまでに試み られたことのなかった「うつわ」である。古代から昭和三十年代ごろまでをむかしとし、伝承として語り継がれてもいなかった雑話でも、手を加えることによっ て感動的に生きいきとよみがえる題材であれば本書に収めている。民話集ではない。そうしたふるさとに残る題材をジャンル別とし、できるだけやさしい言葉で 語り、朗読にもたえうるように配慮した点に特長がある。

和田 登 著 A5判/上製・216頁

信州むかし語り1 妖怪変化の話
販売価格 1,728円(税込)
購入数

在庫0の商品をカートに入れようとした時の注意文を表示




長野県長野市の出版社  しなのき書房

しなのき書房は長野市の出版社です。「ふるさと再発見」をテーマにした本で信州の魅力を発信していきます。
3,000円以上購入で送料無料

ページの先頭へもどる